行事のご案内

講習会・講演会

教育・普及事業

小・中・高生の化学のページ

近畿支部 組織と活動

日本化学会(本部)





ホームページご利用の皆様へ











































































































































平成29年度近畿支部役員一覧 (平成29年3月1日-平成30年2月28日)

支部長 桑畑  進(阪大院工)
副支部長 津田 明彦(神戸大院理) 椿原  操(マンダム)
  〃   
(教育・普及担当)
・化学教育協議会
委員長
横井 邦彦(大阪教育大教育) 
次期支部長候補 近藤 輝幸(京大院工)
監査 池本 哲哉(住友化学) 住田 康隆(日本触媒)
幹事 迫野 昌文(富山大院理工(工学)) 岩村 宗高(富山大院理工)
桑原 貴之(金沢大理工(工)) 井田 朋智(金沢大理工)
江 東林(北陸先端大) 内村 智博(福井大院工)
蔵田 浩之(福井工大環境情報) 古荘 義雄(滋賀医大医)
若宮 淳志(京大化研) 森本 幸生(京大原子炉)
大村 智通(京大院工) 久保 拓也(京大院工)
西 直哉(京大院工) 大内  誠(京大院工)
坂本 陽介(京大院人環) 板東 俊和(京大院理)
前里 光彦(京大院理) 本柳  仁(京都工繊大)
三宅 祐輔(京都工繊大) 内田 幸明(阪大院基礎工)
伊都 将司(阪大院基礎工) 木田 敏之(阪大院工)
櫻井 英博(阪大院工) 谷口 正輝(阪大産研)
栗栖 源嗣(阪大蛋白研) 樺山 一哉(阪大院理)
圷  広樹(阪大院理) 豊田 二郎(阪大博物館 兼 阪大院理)
種田 将嗣(大阪教育大) 山田 裕介(阪市大院工)
坂口 和彦(阪市大院理) 久本 秀明(阪府大院工)
松坂 裕之(阪府大院理) 岡野 健太郎(神戸大院工)
笠原 俊二(神戸大分子フォト) 西田 純一(兵庫県立大院工)
角屋 智史(兵庫県立大院物質理) 山崎 祥子(奈良教育大)
太田 靖人(奈良女大院自然) 荒谷 直樹(奈良先端大)
山口 真範(和歌山大教育) 奥野 恒久(和歌山大システム工)
長澤  裕(立命館大生命科学) 人見 穣(同志社大理工)
村岡 雅弘(大工大工) 中井 美早紀(関西大化学生命工)
石船 学(近大理工) 羽村 季之(関西学院大理工)
檀上 博史(甲南大理工) 松井 栄樹(福井高専)
北野 健一(阪府大高専) 藤原 直子(産総研)
伊藤 貴敏(阪技術研) 櫻井 芳昭(阪技術研)
鈴木 叙芳(花王) 和田 一仁(カネカ)
岡本 毅(三洋化成) 大森 直樹(塩野義製薬)
采女 英樹(住友化学) 矢原 和幸(積水化学)
植村 威士(田辺三菱製薬) 小山 裕(ダイセル)
川上 淳一(武田薬品) 霧山 晃平(東洋紡)
茂本  勇(東レ) 中谷 香織(日本触媒)
本田  洋(日本合成化学) 谷口  昇(パナソニック)
松葉 勝彦(三井化学)

(2017年4月4日更新)

教育・普及活動のための組織
平成29年度化学教育協議会 

委員長 横井 邦彦(大阪教育大教育)
副委員長 池田 憲昭(京都工繊大) 田中 芳和(四天王寺高等学校)
委員  淺原 雅浩(福井大教育) 有賀 正裕(大阪教育大名誉教授)
尾関 徹(兵庫教育大) 梶原  篤(奈良教育大)
片岡  弘(富山大人間発達科学) 兼田 照久(大阪府立住吉高等学校)
亀田 直記(兵庫県立豊岡高等学校 定時制課程) 木村 憲喜(和歌山大教育)
国本 浩喜(金沢大国際基幹教育院) 栗岡 司郎(四天王寺高等学校)
栗岡 誠司(神戸常盤大学) 越野 省三(神戸国際大学附属高等学校)
杉原 律子(大阪教育文化振興財団) 高島  弘(奈良女大理)
竹内 雅人(阪府大院工) 岳川 有紀子(大阪市立科学館)
田中 秀明(大阪星光学院高等学校) 槌間  聡(帝塚山中学・高等学校)
寺田 隆信(滋賀短期大学附属高等学校) 中川 雅博(京都府立鴨沂高等学校)
成相 裕之(神戸大院工) 野上 雄生(和歌山県立きのくに青雲高等学校(定時制))
野田 達夫(阪府大高専) 深野 哲也(大阪府立和泉高等学校)
福野 勝久(大阪府立豊中高等学校) 藤井 和章(大阪府立咲洲高等学校)
松浦 紀之(奈良女子大学附属中等教育学校) 松田 斗司(大阪大谷大薬)
水野 博文(兵庫県立明石北高等学校) 南  達哉(阪市大院工)
村井 保夫(キッズプラザ大阪) 村上 忠幸(京都教育大)
安田 和宏(神戸大学附属中等教育学校) 山脇 郁子(守口市立大久保小学校)
米田 力(奈良市立春日中学校)  

(2017年4月5日更新)


支部長・副支部長

年度 支部長 副支部長
平成30年度 近藤 輝幸(京大院工)     
平成29年度 桑畑 進(阪大院工) 津田 明彦(神戸大院理) 椿原  操(マンダム)
平成28年度 丸岡 啓二(京大院理) 生越 専介(阪大院工) 池本 哲哉(住友化学)
平成27年度 三浦 雅博(阪大院工) 近藤 輝幸(京大学際融合) 住田 康隆(日本触媒)
平成26年度 辻 康之(京大院工) 幸塚 広光(関西大化学生命工) 茂本  勇(東レ)
平成25年度 戸部 義人(阪大院基礎工)  田中 勝久(京大院工) 高山 正己(塩野義製薬) 
平成24年度 中條 善樹(京大院工) 三浦 雅博(阪大院工) 松田 洋和(ダイセル)
平成23年度 茶谷 直人(阪大院工) 田中 庸裕(京大院工) 采女 英樹(住友化学)
平成22年度 原田  明(阪大院理) 杉山  弘(京大院理) 田中 成佳(花王)
平成21年度 柳  日馨(阪府大院理) 中條 善樹(京大院工) 中川 佳樹(カネカ)
平成20年度 平尾 俊一(阪大院工) 藤原  尚(近畿大理工) 大井  悟(武田薬品)
平成19年度 大嶌幸一郎(京大院工) 民秋  均(立命館大理工) 上  真樹(東レ)
平成18年度 石井 康敬(関西大工) 柳  日馨(阪府大院理) 柴山 晃一(積水化学)
平成17年度 林  民生(京大院理) 神戸 宣明(阪大院工) 川俣  章(花王)
平成16年度 小松 満男(阪大院工) 石井 康敬(関西大工) 後藤 達乎(ダイセル化学)
平成15年度 加納 航治(同志社大工) 功刀  滋(京都工繊大) 植島 陸男(日本触媒)
平成14年度 玉尾 皓平(京大化研) 大船 泰史(阪市大院理) 鴻池 敏郎(塩野義製薬)
平成13年度 楠本 正一(阪大院理) 井上 正志(京大院工) 吉村 典昭(クラレ)
平成12年度 奥   彬(京工繊大工芸) 勝村 成雄(関西学院大理) 米澤 和弥(鐘淵化学)
平成11年度 植村  榮(京大院工) 相馬 芳枝(大工研) 高谷 隆男(藤沢薬品)
平成10年度 高橋 成年(阪大産研) 重松 利彦(甲南大理) 銅金  巌(住友化学)
平成9年度 伊藤 嘉彦(京大工) 大久保政芳(神戸大工) 岩崎 為雄(田辺製薬)
平成8年度 城田 靖彦(阪大工) 中原  勝(京大化研) 浪越  肇(ダイセル化学)
平成7年度 南   努(阪府大工) 小久見善八(京都大工) 佐藤 高久(日本触媒)
平成6年度 内本喜一朗(京大工)  加納 航治(同志社大工) 大橋 武久(鐘淵化学)
平成5年度 村井 眞二(阪大工) 梶本 興亜(京大理) 後藤 義一(武田薬品)
平成4年度 渡邊 良久(京大工) 徂徠 道夫(阪大理) 角田 裕三(花王)
平成3年度 中村  晃(阪大理) 奥   彬(京工繊大工芸) 田村 益彦(クラレ)
平成2年度 曽我 直弘(京大工) 高橋 成年(阪大産研) 甲斐  學(ダイセル化学)
平成元年度 園田  昇(阪大工)  南   努(阪府大工) 椿本 恒雄(日本触媒)
昭和63年度 竹原善一郎(京大工) 中村  晃(阪大理) 森  禎良(冨士色素)
昭和62年度 松田 治和(阪大工) 白子 忠男(姫路工業大) 平嶋 恒亮(阪市工研)
昭和61年度 加治 有恒(京大理) 亀岡  弘(近畿大理工) 弘岡 正明(住友化学)
昭和60年度 千原 秀昭(阪大理) 竹原善一郎(京大工) 中村  務(クラレ)
昭和59年度 西嶋 安則(京大工) 大辻 吉男(阪府大工) 藤野 政彦(武田薬品)
昭和58年度 松本 恒隆(神戸大工) 速水 醇一(京都大教養) 谷田  博(塩野義)
昭和57年度 田村 英雄(阪大工) 橋本 静信(同志社大工) 柴山 恭一(三菱電機)
昭和56年度 高田 利夫(京大化研) 松田 和治(阪大工) 丸山 和博(京大理)
昭和55年度 芝  哲夫(阪大理) 安藤 貞一(京大工) 千畑 一郎(田辺製薬)
昭和54年度 米澤貞次郎(京大工) 黒木 宣彦(阪府大工) 妹尾 四郎(サントリー)
昭和53年度 小川 雅弥(関西大工) 芝  哲夫(阪大理)  
昭和52年度 川口 信一(阪市大理) 米澤貞次郎(京大工)  
昭和51年度 塩川 二朗(阪大工) 吉村 長蔵(近畿大理工)  
昭和50年度 吉澤 四郎(京大工) 池上 達也(鐘淵化学)  
昭和49年度 井本 英二(阪市大)   関  英夫(住友化学)  
昭和48年度 関  集三(阪大理) 森田  桂(武田薬品)  
昭和47年度 功刀 雅長(京大工)  泉  美治(阪大蛋白研)  
昭和46年度 守谷 一郎(阪大基礎工) 前澤 正禮(大阪ガス)  
昭和45年度 古川 淳二(京大工)  前澤 正禮(大阪ガス)  
昭和44年度 国近 三吾(京都大) 小川 雅弥(関西大)  
昭和43年度 伏崎弥三郎(阪府高専) 重松 恒信(京大化研)  
昭和42年度 岡村 誠三(京大工) 中川 正澄(阪大理)  
昭和41年度 湯川 泰秀(阪大産研) 井本 立也(阪市大工) 岡村 誠三(京都大工)
昭和40年度 水渡 英二(京大化研) 守谷一郎(阪大基礎工)  
昭和39年度 伊勢村寿三(阪大) 多羅間公雄(京大工)  
昭和38年度 後藤 廉平(京大) 松田 住雄(阪大工)  
昭和37年度 堤   繁(阪大工) 国近 三吾(京都大)  
昭和36年度 小田 良平(京大工) 谷  久也(阪大理)  
昭和35年度 後藤 良造(京大理) 小森三郎(阪大工)  
昭和34年度 井本  稔(阪市大工) 水渡 英二(京大化研)  
昭和33年度 宍戸 圭一(京大工) 湯川 泰秀(阪大産研)  
昭和32年度 村橋 俊介(阪大理) 舟阪  渡(京大工)  
昭和31年度 渡瀬 武男(阪大工) 伏崎弥三郎(大阪府立高専)  
昭和30年度 田中 正三(京大理) 伏崎弥三郎(大阪府立高専)  
昭和29年度 城野和三郎(神戸大) 後藤 良造(京大工)  
昭和28年度 赤堀 四郎(阪大) 宍戸 圭一(京大工)  
昭和27年度 堀尾 正雄(京大工) 村橋 俊介(阪大理)  
昭和26年度 石野 俊夫(阪大工) 田中 正三(京大理)  
昭和25年度 佐々木申二(京大理) 石野 俊夫(阪大工)  
昭和24年度 児玉信次郎(京大) 槌田龍太郎(阪大)  
昭和23年度 千谷 利三(阪大) 桜田 一郎(京大工)  
*ご所属は就任当時のものとなります。

工業化学会関西支部
年度 支部長
昭和22年 八濱 義和(阪大工)
昭和21年 富久 力松(東洋ゴム工業)
昭和20年 岡田 辰三(京大工)
昭和19年 船久保 英一(阪大工)
昭和18年 庄野 唯衛(阪市工研)
昭和17年 杉本 俊三(大工試?)
昭和16年 澤井 郁太郎(京大)
昭和15年 澤井 郁太郎(京大)
昭和14年 香坂 要三郎(阪大工)
昭和13年  
昭和12年 小野嘉七(日本香料薬品)
昭和11年 杉浦稠三(住友伸銅鋼管?)
昭和10年 鉛市太郎(阪大産研)
昭和9年 鉛市太郎(阪大産研)
昭和8年 中澤良夫(京大)
昭和7年 荘司 市太郎(大工試)
昭和6年
1931年
荘司 市太郎(大工試)


近畿支部のあゆみ

1931年(昭和6年)3月5日の臨時総会に於いて工業化学会関西支部設立が決定します。
同年5月23日(土)の発会式に引き続き、5月23日(土)-25日(月)に支部大会を催し、特別講演(公開)、宴会、研究報告(公開)及び工業見学を近畿化学工業会と共同で開催します。
初代支部長は荘司 市太郎先生(大工試)で、関西支部に含まれる地域は、北陸(新潟県を除く)、山陰(島根を除く)、四国(愛媛を除く)及び愛知以西、岡山以東を除く2府15県、会員約1,200名を包含していたとのことです。
 <工業化学雑誌第三四編第六冊ならびに第七冊(1931)参照>
その後、1941年(昭和16年)11月に東海支部が設立され、三重県、岐阜県はその際に関西支部から抜けたものと思われます。

1948年(昭和23年)1月19日、旧日本化学会を解散し、その会員および財産を挙げて旧工業化学会に引継ぎ、旧工業化学会は日本化学会と改称、両学会の合同が成立します。
その際、関西支部から近畿支部に名称変更したようです。
1950年1月21日、中国四国支部が設立され、岡山県、広島県、山口県、鳥取県、徳島県、香川県、高知県が近畿支部から抜け、現在の2府6県(大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、石川県、富山県、福井県)になったものと思われます。